1 お茶の販売形態(販売方法)

(1)店頭販売

お店を構えて店内に、お茶製品を並べて置いて販売する。
地域密着のためお店に近い地域の人を顧客対象とする。

① 街の実店舗のお茶販売店
② コンビニストアー

(2)ネットショップ販売・通信販売

インターネットなどのホームページでお茶製品を販売するネットショップ販売。
広範囲地域の人を顧客対象とする。全国展開も可能。

① お茶ネット販売店、通販等で買える大手ショッピングモール(楽天市場、アマゾン等)
② お茶屋が自ら開設しているお茶ネット販売サイト

■ 緑茶の専門店
有名店や大手のお茶販売店などは、信頼があるので、安心感がある、
あまり名の知られていないお茶販売店などは、お店の存在を知ってもらうことと信頼を得ることが大切です。、 信頼さえれば継続して購入してらえることが、期待できます。

■ お茶農家や荒茶工場の直売ネット販売
これも、専門店と同様に大手有名店以外で名の知られていないお店は、お店を知ってもらうことが大事です。
地域名産品のお茶や珍しいお茶なども手に入ります。

3)通信販売

無店舗販売のひとつで、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどやダイレクト・メール、カタログなどを使って消費者に直接商品情報を提供し、消費者の電話や郵便によって注文を受ける販売方式。インターネットが普及している今日では、ネット通販が、大いに期待できます。
これまでは、店頭で購入しにくい商品や特殊な趣味用品など、どちらかというと特定少数を対象にしたマイナーな商品が中心であった。